風邪の漢方薬

夏の風邪に葛根湯?注意しなきゃいけない理由

朱ちゃん
朱ちゃん
あぁ~。
なんだがなんだが風邪ひいちゃったみたい!
葛根湯を飲もうかな!
玄先生
玄先生
え?葛根湯?大丈夫?
朱ちゃん
朱ちゃん
だって風邪といったら葛根湯でしょ?
玄先生
玄先生
そうなんだけど、夏場には注意が必要だよ!
朱ちゃん
朱ちゃん
え?そうなの?

みなさん、こんにちは!
漢方薬剤師の玄(@gen_kanpo)です。

風邪といったら葛根湯が有名です。
ただ、どんな風邪でも有効ではないことは説明しました。

今ではコンビニでも買える葛根湯の効能効果 みんな大好き「葛根湯」今ではコンビニでも置いてあります。 ただ万能薬だと思って...

特に気をつけたいのが『夏場の風邪』に対してです。

『夏の葛根湯』は人によってはとても危険な行為になります。

そこで今回は『夏の風邪に葛根湯?注意する理由』というテーマでお話してみようかと思います。

玄先生
玄先生
この記事がオススメの人

  • 汗をよくかく
  • 体がほてる
  • なんとなく葛根湯を飲んでいる

葛根湯はどんな漢方薬なのか?

どういう漢方?

簡単に書くと葛根湯は、

体表面にある風寒邪を発汗で追っ払う漢方薬です。

朱ちゃん
朱ちゃん
体を温めて汗をかかせる漢方薬って事ね!

ポイントとしては、

  1. 寒気を去る
  2. 汗をかかせる
  3. 風邪の初期に有効
  4. 肩から後頭部のこわばりを去る

こんな点が挙げられます。

夏場に気をつけたいポイントが①②
その中でも②はとても重要なポイントのなるので注意しましょう。

寒さの邪は腠理(そうり)という汗を出す穴を閉じる性質があります。
葛根湯はこの腠理を開き邪を発散することで治療する漢方薬です。

玄先生
玄先生
『腠理(そうり)が開く』という点を忘れないようにしましょうね!

夏の性質

ご存知の通り日本の夏はとても暑いです。
毎日汗だくの人も多いと思います。

夏に旺盛になる外邪は『暑邪(しょじゃ)』

性質は『炎熱』と『昇散』です。

  • 炎熱⇒体を熱くして熱症状を起こす
  • 昇散⇒元気と体液を蒸発させる

この様な性質をもっています。

夏は何もしなくても熱がこもり、汗をかいてしまうことが多いです。

玄先生
玄先生
熱中症の症状を思い出すとわかりやすいね。

夏に葛根湯を飲むとどうなるの?

暑邪の昇散+葛根湯の発汗=大量の発汗

こうなります!

中医学では汗は、

  • 汗血同源⇒汗と血(液)は同じ栄養源
  • 汗は心(しん)の液⇒汗をかき過ぎると(しん)の負担となる

この様に言われています。
必要以上に汗が出ると血は不足し、心の負担が増えると考えられます。

『血(けつ)』は体の大事なエネルギー。
不足すると精神不安や生理不順(女性の場合)などを引き起こします。

玄先生
玄先生
夏の不眠は汗のかき過ぎが原因の1つだから注意が必要だよ!
【中医学基礎】血ってなんだろう?中医学・漢方の世界でよく耳にする『血(けつ)』 西洋医学とは少し違った独自の考え方があります。 今回はその違いと中医学独自の『血』の考えを解説していきます。...

これは葛根湯だけではなく麻黄湯や小青竜湯などにも言えることです。
『麻黄+桂枝(桂皮)』の組み合わせは発汗力が高いので注意しましょう。

朱ちゃん
朱ちゃん
汗をかきすぎると身体に負担がかかるのね!

夏に葛根湯を絶対飲んだらダメ?

今までの説明を考えると…

『夏に葛根湯は絶対ダメ!』

こう考えてしまいそうですが絶対ダメとは言い切れません!

朱ちゃん
朱ちゃん
え?絶対ダメなパターンでしょ!

使用頻度は冬に比べれは減りますが…

『現代の夏は冷房で冷えることが多い』

この場合もあり葛根湯(などの辛温解表薬)が活躍する場面はあります。

どの漢方薬にも言えますが、きちんと症状を見極めることが大事になります。
発汗させて良いか不安な場合は桂枝湯や香蘇散などの軽く発汗させる漢方薬を選ぶようにしましょうね。

妊娠中や胃腸の不具合に!葛根湯より使いやすい【香蘇散】 こんにちは! 漢方薬剤師の玄(@gen_kanpo)です! 妊娠中や体の弱い人の...

発熱悪寒だけで葛根湯を選ぶのは危険

少し余談になりますが夏の風邪に対して『発熱悪寒』だけで葛根湯を選ぶのは危険です。

朱ちゃん
朱ちゃん
え?だって葛根湯は温める漢方薬でしょ?

暑さの邪気(暑邪)も侵入は体表面から侵入します。
初期段階では発熱悪寒を伴うこともあります。

古典・金匱要略にも

暑気あたり・軽い熱中症で発熱悪寒、体が重だるく、排尿後にゾクッと寒気して手足が冷える。
少し動くと熱が出て息苦しい、口呼吸になり口中が乾く。
これを発汗させると悪化。温灸などをするともっと悪くなる。

※超意訳&短縮

この様な記載があります。

暑気あたりや夏の風邪で寒気と発熱を経験がある人もいるのではないでしょうか?

夏の風邪の場合は『発熱悪寒』だけで発汗薬を選ぶのはとても危険です。

  • 発汗の有無
  • 舌の色・形
  • 口の渇き

総合的に判断して漢方薬を選ぶようにしましょうね!

玄先生
玄先生
わからなかったら専門家に相談するのが良いですよ!

葛根湯は風邪(ウイルス性)の予防になるのか?

これまた余談。

いつの時代も話題に上がる…

『症状が出る前に葛根湯を飲んでおくと予防できる』

こんな話は流行性の疾患が流行ると出てきます。
前述通り葛根湯は発汗をすることで体表面の邪を取り除く処方。

個人的には風邪の予防効果は無いと考えています。

ただ、葛根湯のメインの生薬は『麻黄』
麻黄には交感神経を刺激するエフェドリンを含まれます。

交感神経とは『狩猟や戦闘、生命が危機に陥ると活性化される神経』
※安静よりも活動で活性化される

興奮させることで短期的には予防効果があるかもしれません。

ただ中長期的に服用し続けると…

  • 心神が興奮状態
  • 睡眠の質が低下
  • 発汗による体力低下

デメリットの方が多いと考えます。

玄先生
玄先生
適材適所!
きちんと症状に合わせて服用するようにしましょうね!

まとめ

夏の風邪(かぜ)に注意が必要な葛根湯などの汗をかかせる漢方薬。
使い方によって『体調を悪化させる』『体調を改善する』どちらにもなりえます。

葛根湯と夏の性質を簡単にまとめると

【葛根湯の性質】

  • 寒気を去る
  • 汗をかかせる
  • 風邪の初期に有効
  • 肩から後頭部のこわばりを去る

【夏の性質】

  • 炎熱⇒体を熱くして熱症状を起こす
  • 昇散⇒元気と体液を蒸発させる
朱ちゃん
朱ちゃん
なるほどね!
汗をいっぱいかいてる時は葛根湯などは注意が必要なんだね!
玄先生
玄先生
そうだね!
風邪の漢方薬でも夏向けの処方もたくさんあるよ!
体調に合った漢方薬を選ぶぼうね!
朱ちゃん
朱ちゃん
はーい☆
ABOUT ME
漢方薬剤師 玄
✅資格:国際中医師 | 薬剤師 | ✅漢方相談歴10年以上✅胃腸重視の診断が特徴。✅健康や中医学の情報を『楽しく面白く』発信中。 お気に入りにするとあなたの生活の質がちょっぴり向上するかも!