四季の養生

意外と体調不良が多い!乾燥と哀愁の季節【秋の養生法】

白くん
白くん
秋ってなんだか悲しい気持ちになってくるよね・・・。
玄先生
玄先生
秋は五行説では「金」五臓では「肺」の季節だよ!
感情は「悲」憂鬱になりやすいんだよ!
白くん
白くん
なるほどそれでか・・・。
なんか体調も・・ゴホッゴホッ
玄先生
玄先生
秋の臓器「肺」は華蓋(偉い人が被る傘 雨風を防ぐ役割)と言われ病気なりやすいんだよ。(なんか単純だな白くん)

みなさん、こんにちは!
漢方薬剤師の玄@gen_kanpoです。

「秋は過ごしやすい季節」

こう感じる人が多いと思います。
気温も落ち着き「スポーツの秋」とも言われ行動もしやすくなりますね。

しかし漢方薬局(薬店)には不調の相談が多いです。
実際、秋に体調不良になった事がある人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は秋(乾燥の時期)の養生法を紹介してい効果と思います。

玄先生
玄先生
この記事がオススメの人

  • 秋に憂鬱になる
  • 乾燥が気になる
  • 季節の変わり目に体調が悪い

秋(乾燥の時期)の特徴

秋は容平(ものの形が安定する)の時期です。
寒い冬にむけて栄養を蓄える時期とも考えられますね。

「食欲の秋」といわれる様に食べ物が美味しい時期なので食事からの栄養補給に適した季節です。

白くん
白くん
果物、きのこ、お魚とか美味しいものが多いよね
つい食べ過ぎちゃうね。

ただ、夏の疲れが出やすい季節でもあります。
朝晩の寒暖差があり徐々に寒くなる秋は免疫機能が下がりやすい時期でもあります。

特に最近は夏の暑さが猛烈です。
一気に気温が下がると体にとって負担が大きいです。

無理しないように休息することを心がけましょう。

玄先生
玄先生
個人的には季節の変わり目には「ヘルペス、帯状疱疹、口内炎、蕁麻疹(じんましん)」などの相談が多いように感じます。
免疫が落ちる時に出やすい症状ですね。

悪化しやすい症状

  • 乾燥
  • 喘息
  • 胃腸障害
  • 皮膚炎(アトピーなど)
  • 蕁麻疹
  • ヘルペス、帯状疱疹、口内炎

肺は裏は「大腸」
夏の疲れによる下痢、便秘などに注意しましょう。
特に夏に冷たい飲食物を取りすぎた人は要注意です!

白くん
白くん
ギクッ!!

また、秋が属する五行説の「金」の華は「皮毛」(皮膚)で皮膚炎や痒み、アトピー等は悪化しやすい時期です。

『華』とはその臓器が元気だと鮮やかになるものです。

特に「燥邪」が強くなり皮膚が乾燥する時期なので保湿はしっかりおこないましょう。

季節の変わり目で免疫が下がっている人はヘルペス、帯状疱疹、口内炎などが出やすいです。

玄先生
玄先生
風邪(かぜ)をひく人も多くなるから注意しましょうね。

長期連休明けの生活状況の差も体に取って負担になります。
秋を快適に過ごすためにも夏の養生も大事になりますよ。

暑さに負けない体を手に入れるには?【夏の養生】 みなさん、こんにちは! 漢方薬剤師の玄(@gen_kanpo)です。 年々暑くなっていく夏!...

悲則気消

秋の感情は「悲」(憂)
過度な悲しみは肺の気を消耗すると言われています。

肺が消耗すると

  • 自汗
  • 風邪をひきやすい
  • 意気消沈
  • 疲れやすい

などの症状が出やすいです。

不安になったり、憂鬱になる人が多くなります。

「秋は憂鬱になりやすいんだな」

こう知っておくだけでも楽になるかもしれません。
自分や周りを責めるのではなく「秋のせい」にしちゃいましょう。

白くん
白くん
「秋のせい」にしちゃったほうがメンタル的にも楽かもね。

燥邪の特徴

秋に強くなる邪気「燥邪(そうじゃ)」名前の通り乾燥の邪気です!

侵入ルートは『口』『鼻』
口、鼻の乾燥が気になる方は燥邪に侵されているのかもしれません

燥邪には【温燥】【涼燥】があります。

【温燥】
初秋に夏の余気が残っている「燥」と「温熱」が合併してあらわれる

【涼燥】
晩秋に冬の寒気が近づき「燥」と「寒冷」が合併してあらわれる

白くん
白くん
季節にも「温」「涼」があるんだ!
まさに季節の変わり目だね!

特徴①乾燥する、津液を損傷しやすい

口、鼻、唇、皮膚が乾燥しやすくなります。
大腸(肺の裏)の津液(体に必要な水)が損傷すると便秘などを助長します。

特徴②肺を傷つける

「肺」には気管支や喉も含まれます。
のどの乾燥、痛み空咳などの症状は肺の潤いが不足しているとも考えられます。

肺は嬌臓(きょうぞう)といって繊細で傷つきやすい臓です。
※「嬌」はかわいらしい。愛らしい。という意味があります。

症状が出やすいのも特徴です。

体の内・外どちらも潤うように工夫しましょう。

白くん
白くん
そういえば風邪引く時は「いつも喉から」来るな!
玄先生
玄先生
「肺は潤を好み燥を悪む!」
敏感な人は潤す事を忘れずに!

養生法

古典・黄帝内経の素問には秋の養生について

  1. 早寝早起きをする
  2. 悔やんだり、我慢せず、心を落ち着かせる
  3. 身体を冷やしたり、疲れさせない

意訳するとこの様なことが書いてあります。

①は生活によって難しい人もいると思います。(なるべく実行できるように)
ストレスが多く夏でも冷たい飲食物が食べれる現代では②③は特に気をつけましょう。

玄先生
玄先生
秋の不調をひきずると冬にも影響しちゃいます。

五行説で秋の味は「辛」

ちょっぴり辛い物は気の流れが良くなります。
発散させる力もあるので『寒気がある風邪』など漢方薬にも含まれます。

白くん
白くん
生姜やネギなんかが生薬でも食材でも有名だね。

適量の辛味は秋の対応臓器「肺」を栄養します

「気」に強く作用するので以下の人は食べ過ぎ注意

  • 疲れやすい
  • 元気がない

また摂り過ぎると「肝」を傷つけるとされるので以下の症状が気になる人も注意

  • 筋肉をひきつらせる
  • 爪が枯れる
玄先生
玄先生
胃腸が弱い人も食べ過ぎ注意しましょうね!

白い食材がオススメ

秋の色は「白」
乾燥で肺に負担がかかる秋は「白い食べ物」が良いとされます。
白い食べ物は「肺」を潤し栄養する効果があるとされています。

具体的には‥
豆腐、大根、レンコン、山芋(山薬)、マッシュルームなどがオススメです。

白くん
白くん
僕も白い食材大好き!!(※トラです)

秋の果物で『梨』は特にオススメ。
【帰経】 肺 胃
【性味】 甘 寒

  • 熱を下げる
  • 去痰
  • 潤肺
  • 津液を補う
  • 咳を止める

まさに秋に起こりやすい症状の予防効果がばっちりです!

皮に甘味や栄養が豊富です。
食べれる人は皮ごと食べるのがオススメ!

玄先生
玄先生
桑杏湯という咳の処方に梨皮が使われます!

気持ちが沈みやすい人は軽い運動と自然のパワーをかりる

秋の感情は「悲」(憂)
気持ちが沈みやすい時期です。
気持ちを落とし過ぎたり、滞ったりしないようにしましょう。

秋にオススメは

  • 読書
  • 登山
  • 軽い運動
  • ハイキング

気温が落ち着く秋は外に出て気血を巡らすのに適しています。
ハイキング、登山などで自然のパワーを吸収することが特にオススメです!
気軽にお散歩なんかでも良いとされます。

玄先生
玄先生
綺麗な空気は「天空の気(清気)」として体の中でエネルギー(気)の元になるよ!

激しい運動は逆に気を減らしてしまいます。

まとめ

秋は冬に向けてエネルギーを蓄える時期です。
気温も落ち着き過ごしやすい季節ですが注意するべき点もあります。

今回の内容を簡単にまとめると

秋は燥邪が強くなり肺に負担がかかる
憂鬱になりやすい
寒暖差もあり免疫落ちやすい

【養生法】

  • 早寝早起きをする
  • 軽い運動や読書をする
  • 積極的に新鮮な自然の空気を取り入れる
  • 白い食べ物(特に旬の)を食べる
  • 適量の辛味を食事に取り入れる
  • うがいをこまめにする
  • 皮膚の保湿をする
  • 「秋のせい」にして自分、周りの人を責めない
白くん
白くん
過ごしやすい季節って言われてるけど油断禁物だね。
玄先生
玄先生
そうだね!だから養生法も大事。
症状が出始めたら漢方薬に頼ってみよう!
ABOUT ME
漢方薬剤師 玄
✅資格:国際中医師 | 薬剤師 | ✅漢方相談歴10年以上✅胃腸重視の診断が特徴。✅健康や中医学の情報を『楽しく面白く』発信中。 お気に入りにするとあなたの生活の質がちょっぴり向上するかも!