漢方薬

お正月のお屠蘇とは?どうやって作るの?漢方薬なの?

白くん
白くん
もう少しでお正月だね〜
玄先生
玄先生
お屠蘇の準備した?
白くん
白くん
お屠蘇?何それ〜
黄老師
黄老師
お正月に飲んで良い公認のお酒じゃよ〜
玄先生
玄先生
違います!縁起物!
貴方はただお酒が飲みたいだけでしょ!

お正月に飲むお屠蘇。
どのように作って飲むか知ってますか?

今回はちょっと豆知識編
お屠蘇の歴史と作り方について解説していきます!
縁起物なので是非おぼえていってくださいね。

お屠蘇とは!

お屠蘇は正式には「屠蘇延命散(とそえんめいさん)」とい言います。
そして数種類の生薬を混ぜた「屠蘇散(とそさん)」を浸したお酒のことをいいます。

お屠蘇は中国三国志の時代の名医・華佗(かだ)が十数種の薬草を調合して考案したものとされています。

玄先生
玄先生
三国志ファンなら華佗(かだ)って名前でテンション上がるよね!
黄老師
黄老師
曹操の頭痛を治療したり関羽の腕を治療しておったの~

お屠蘇の「屠」は「邪気を屠る(ほふる)」「蘇」は「魂を蘇らせる」を意味します。
華佗は邪気を払って心身ともに健康にするための薬酒として薬草を調合したお酒を作ったといわれています。

日本では嵯峨天皇時代に宮中の儀式として用いられたのが始まりと言われおり『年の初めに服用すると1年中の厄災を避け、福寿を招く』と伝えられています。

作り方

大みそかの夜に、屠蘇散(ティーパックになっていることが多い)を取り出し日本酒1合に一夜浸しておきます。
お好みでみりんを加えると甘くマイルドになりに飲みやすいです。

お酒が好きな人はそのままで。

黄老師
黄老師
わしはみりんは入れないぞ!!

みりんは本みりん。
日本酒は美味しいのがオススメ(笑)

飲むタイミング

お屠蘇はおせちを食べる前に飲みます。

飲む容器は現代だと基本的にはなんでもOK.(正式には屠蘇器という朱塗りのお銚子と三段重ねの盃で飲みます。)
可能ならお正月っぽい物を選びましょう。

飲む順番は年少者から年長者へと飲んでいきます。これは若者の活発な生気を年長者が飲み取るという意味合いと、毒見の名残だと言われています。(地域によっては年長者から飲みます)

厄年の人は最後に飲みます。(他の人に厄を払う力を分けてもらうため)

飲むときには、「一人これ飲めば一家苦しみなく、一家これ飲めば一里病なし」と唱えます。

未成年は飲んでいいの?

お酒なので未成年は服用してはいけません。
子供用にはアルコールを飛ばしたみりんで作るか、飲んだふりをするだけでもOKです。

また運転手ももちろんNGです。
飲んだふりで我慢しましょう。

お屠蘇の漢方的効果

お屠蘇の原料はもちろん生薬。
漢方薬と言っても問題はないと思います。

お屠蘇で使われる生薬は地域や家族によって差があります。
一般的なものだと

  • 白朮(ビャクジュツ)胃腸を整える 利尿効果
  • 山椒(サンショウ)体を温める 抗菌作用
  • 桔梗(キキョウ) 咳、痰を鎮める
  • 肉桂(ニッケイ) 体を温める 健胃作用
  • 防風(ボウフウ) 抗炎症 発汗
  • 陳皮(チンピ) 胃腸を調える

基本には体を温め、胃腸を整える作用があります。
これから食べるおせち料理を美味しく食べる意味もあるのかもしれません。

また風邪に使う生薬が多いのも特徴的です。
これもお正月という寒い時期に飲むのと関係があるのかもしれませんね。

どこで買えるの?

基本的にスーパーやドラッグストアで売っています。

今だと百均とかにも売っていますね。

ただ生薬は質がとても大事!
良いものを飲みたい人はお近くの漢方薬局に行くことをおすすめします。

玄先生
玄先生
なるべく質の良いお屠蘇を手に入れようね。
トチモト、ウチダ、小太郎漢方この辺りならハズレはないよ!

まとめ

お正月に飲む『お屠蘇』は
『年の初めに服用すると1年中の厄災を避け、福寿を招く』
という意味で服用します。

簡単にまとめると

  1. 大みそかの夜にお酒に浸して作る
  2. 元旦のおせち料理を食べる前に飲む
  3. 飲む順番は年少者→年長者
  4. 厄年の人は一番最後
  5. 未成年、運転者は飲んだふりでOK
白くん
白くん
お屠蘇ってそんな意味があったんだね〜
知らなかった。
玄先生
玄先生
そうそう。ただのお酒じゃないんだよ!
縁起物です!飲んだふりでも良いんだよ!
黄老師
黄老師
お屠蘇おかわり〜🍶
玄先生
玄先生
縁起物(# ゚Д゚)



ABOUT ME
漢方薬剤師 玄
漢方薬剤師 玄
✅資格:国際中医師 | 薬剤師 | ✅漢方相談歴10年以上✅胃腸重視の診断が特徴。✅健康や中医学の情報を『楽しく面白く』発信中。 お気に入りにするとあなたの生活の質がちょっぴり向上するかも!