漢方薬

二日酔い、低気圧の頭痛・めまいに【五苓散(ごれいさん)】

朱ちゃん
朱ちゃん
二日酔いよ~。
玄先生
玄先生
え~??
どんな症状なの?
朱ちゃん
朱ちゃん
のどがカラカラで顔がパンパンに浮腫むの~
玄先生
玄先生
なら五苓散(ごれいさん)だね。
朱ちゃん
朱ちゃん
五苓散??

二日酔いなどで

『のどが渇いて飲むのにおしっこの出が悪く浮腫む』

これに近い症状を経験したことありませんか?(私はよくあります)

これは、体の水分の異常による症状です。

そんな時に大活躍するのが

『五苓散(ごれいさん)』

体の水分に対して働きかける漢方薬です。

応用範囲が広いのでとても便利な処方です。
そこで、今回は水の偏りを改善する漢方薬の代表『五苓散』について解説していきます。

玄先生
玄先生
この記事がオススメな人

  • よくお酒を飲む
  • 乗り物酔いをする
  • 低気圧に体調が悪い

五苓散ってどんな漢方薬?

どういう漢方?

簡単に説明すると

体の水分調整を漢方薬です。

水を飲んでいるのにきちんと吸収されず胃腸などの体組織に水分がたまり、血液中の水分が足りなくなったのを調整する作用があります。

玄先生
玄先生
水毒を治すという表現をする人もいますね。

傷寒論および金匱要略が出典で、代表的な条文には

寒さの風邪の治療(葛根湯などで発汗)の後に、おしっこの出が悪く、微熱が続き、口が異様に乾く人は体に邪が残ってるし、内部に水分をため込んでるから五苓散を飲みましょう。

超意訳&短縮

っと書いてあります。

他の条文には

・発汗後に口が乾いて寝れない人には水を少しずつ与えれば勝手に治るよ!

・風邪をひいて6、7日まだ治らなく、のどが乾いたから水を飲もうとしたら吐いてしまったこんな時は五苓散を飲もう!

やっぱり超意訳

とも書いてあります。

両方とも『口が乾くのに水をため込んでる』というのが一見、逆の症状が出ているのがキーポイントになります。

玄先生
玄先生
この症状の場合ただの『利尿薬』だと悪化しちゃいそうだよね!

構成生薬

≪生薬名≫≪効能・効果≫
猪苓体の不要な水を去る(メイン生薬)
沢瀉体の不要な水を去る
茯苓胃腸を調え水の滞りを防ぐ。気を巡らす
白朮(蒼術)胃腸を整え水の滞りを防ぐ
桂枝(皮)体表面の邪を去る。温め利水作用を助ける

見ての通り猪苓、沢瀉、朮、茯苓の4種はどれも利水作用がある生薬です。
そのため体の不要な水分を抜く生薬構成になっています。

そして、桂枝が入っているのもポイントです!
実は五苓散から桂枝を抜いたものを四苓散といい利水作用に優れます。

体を温める桂枝が入ると気血の流れが改善され、体上下の水のめぐりがが活発になり水の偏り(特に上部)使うことができます。

玄先生
玄先生
水の流れは
脾(胃腸)⇒肺(全身バラまく)⇒腎(排泄)

胃腸に水がたまっていたりすると肺まで行くことができず水の偏りが生まれます。
すると上部で口渇などが起きます。

そのため、五苓散を使うポイントとして『胃内停水(胃に水がたまってぽちゃぽちゃ)』というのも挙げられます。

利水作用とは?

朱ちゃん
朱ちゃん
え?利水作用?利尿作用と違うの?
玄先生
玄先生
実はここがポイントなんだよ!

漢方薬の世界では

利水作用≒利尿作用

決しってイコールではないのです。

利水作用とは体の水分の調整。
不要なところにたまった水と水が不足しているところを調整する機能を指します。

そのため、この利水作用をもった生薬をたくさん含む五苓散は

『口は渇くけど胃には水が溜まってる』という逆症状に使うことができるのです。

風邪にも使えるの?

風邪に使うというよりも

『風邪が治りきらないで胃に水がたまり、口が乾くけど飲んだら吐く』というときに有効です。

ちょっと専門的に書くと風邪の治療が長引いて邪が膀胱に入ってしまう。
(風寒の邪が最初に侵入してくるのが膀胱の経絡)
すると、膀胱の機能が低下して

  • おしっこを下に出せない→小便不利
  • 再利用しようとした水分を上に持っていけない→口喝

このような状態になってしまいます。

この様なときは五苓散が有効です。

玄先生
玄先生
だから体表の邪を去る桂枝が入ってるともいえるね。

よく使う症状

一見難しそうな漢方薬ですが『水の偏り』があれば使える要素があるので五苓散はとても応用範囲が広い処方です。

矢数道明先生の漢方処方解説にも

『本方の応用範囲はすこぶる広い。』

1行目に書いてあります。

玄先生
玄先生
島国で湿気が多い日本には水の偏りが多くなりやすいので、日本人に適した処方と言えます。

胃腸障害

口が乾くのに

  • 胃に水がたまってぽちゃぽちゃ(胃内停水)
  • 吐き気
  • 水様性の下痢

こんな時は五苓散がよく効きます。

玄先生
玄先生
他の症状にも言えるのですが『胃内停水』があれば、まず五苓散が選択肢に上がるよ。

夏場の症状(熱中症など)

特に暑い夏に

  • 水を大量に飲んだけどのどが渇く
  • 胃に水がたまってるけどのどが渇く
  • おしっこが出ないのに下痢

こんな時は体の水分が偏っている可能性があります。

五苓散を服用すると体内の水分の偏りが改善できるのでとてもオススメです。

玄先生
玄先生
完璧な脱水症状には体を潤す漢方薬を使用しましょうね。

二日酔い

これは本当によく効きます。

二日酔いで朝起きると

『のどはカラカラなのに体はむくむ』
『のどが渇いて飲んだら吐いてしまった』

こんな経験はありませんか?(私はたくさんあります)

このような時はまさに水の偏り、五苓散の出番です。

玄先生
玄先生
非常にお世話になっています(笑)

同じ酔いの『乗り物酔い』にも効果的です。

頭痛・めまい

おしっこの出が悪く、むくみ、低気圧に悪化するタイプにオススメです。
これは頭部や胃腸に不要な水分が溜まっていることが原因にあります。

そのため不要な水分を抜いてあげる及び調整してあげると改善していきます。

玄先生
玄先生
舌に歯形がついていたり、浮腫んでいる人は一度試すと良いかもしれません。

注意すべき点

乾燥傾向(水の偏りがない)

水分の調整をしてくれる五苓散ですが『潤す』タイプの生薬は構成されていません。

そのため水の偏りのない

  • 皮膚の乾燥
  • 口喝(口の渇き)

等には効果は薄いです。

舌などを診ると『赤くて乾燥している】

玄先生
玄先生
この様なときは滋陰薬といわれる漢方薬を選ぶようにしましょうね。

オススメの五苓散

おすすめ
玄先生
玄先生
個人的におすすめの五苓散を紹介していくよ。

ウチダの五苓散

一番のオススメはウチダの五苓散。
生薬の原末を使っており熱処理などをしていないので有効成分がしっかり残っています。

ただ、ちょっと飲みにくいので粉が苦手な人は不適です。

本当に効き目ばっちりです。
〇〇散という漢方薬はなるべく原末で作っているものを選ぼう!

玄先生
玄先生
本当によく効いてオススメなんだけど
『個包装がない』
『飲みにくい』
ココがネックなんだよね~。

サンワの五苓散

原末が苦手な人はサンワの五苓散がオススメ。
主要メーカーの中では一番エキス濃度が濃いので

【成分】
本品1日量3包(1包2.0g)中
五苓散料A水製エキス …………………………… 3.8 g
タクシャ ………… 6.0 g ビャクジュツ … 4.5 g
チョレイ ………… 4.5 g ケイヒ ……… 3.0 g
ブクリョウ ……… 4.5 g

添加物として乳糖,セルロース,部分アルファー化デンプン,ステアリン酸Ca,
無水ケイ酸を含有する

三和生薬HPより引用

玄先生
玄先生
エキス量3.8gは主要メーカーではかなり多いです。
メーカーも安心の三和生薬です。

まとめ

利水剤の代表処方『五苓散』
体内での水の偏りを調整してくれるとても大事な漢方薬です。

簡単にまとめると

【よく効く症状】

  • 水の偏りがある症状
  • 夏の症状
  • 頭痛・めまい
  • 二日酔い
  • 乗り物酔い
  • 胃腸障害

【注意すべき点】

  • 潤す漢方薬でない
朱ちゃん
朱ちゃん
五苓散を飲んだら体が楽になったよ☆
玄先生
玄先生
それは良かったね!
朱ちゃん
朱ちゃん
気に入ったから継続して飲もうかな~☆
玄先生
玄先生
もちろん、体調が落ち着くまでは継続してもよいけど。
五苓散で改善する症状は大体、不養生が原因だよ。
飲食物の見直しも大事!
朱ちゃん
朱ちゃん
は~い。
ABOUT ME
漢方薬剤師 玄
漢方薬剤師 玄
✅資格:国際中医師 | 薬剤師 | ✅漢方相談歴10年以上✅胃腸重視の診断が特徴。✅健康や中医学の情報を『楽しく面白く』発信中。 お気に入りにするとあなたの生活の質がちょっぴり向上するかも!