企画

激しい感情が起こす悪影響【美文字DE健康プロジェクト】

美しい文字で健康を学ぼう
玄先生
玄先生
過ぎた『感情』は体に色々な影響をあたえますね。
黄老師
黄老師
そうじゃな!
なにごとも激しすぎると身を滅ぼすな!
玄先生
玄先生
特に最近の世の中は心が不安定になりやすいから注意ですね!

みなさん、こんにちは!
漢方薬剤師の玄(@gen_kanpo)です!

今回は【美文字DE健康プロジェクト】のまとめ第二弾!

激しい感情は体に悪影響を与えます。

このことについて中医学の基礎理論にある言葉を交えて説明していこうかと思います。

今回も、ちえさん(@Suisen_555)の協力していただき字を書いてもらいました!

玄先生
玄先生
ちえさん!
ありがとう~!!

感情について

喜怒哀楽がもたらす影響

中医学では感情は『七情』といって七つの感情に分けることができます。
通常ではこの感情の変化では発病に至ることはありません。

ところが

  • 急に強い感情の刺激
  • 長期的な感情の刺激

この様な刺激を受け、許容範囲を超えると気血の流れが悪くなり臓腑の機能が失われ発病してしまいます。

これらは中医学では病気の原因の1つ『内因(ないいん)』に属します。

ちなみに外からくる六気

風・寒・暑・湿・燥・火

は過剰になると六淫(ろくいん)と呼ばれ『外因(がいいん)』に属し、こちらも病気の原因になるとされています。

玄先生
玄先生
外側からも内側からも過剰な物は病気の原因になる!
ってことですよ!

怒則気上(どそくきじょう)

過度な怒りがもたらす影響

怒りの感情が過ぎると『気が上る』という意味です。

怒りの感情は五臓の『肝』に属します。

実際の現場で多い症状は

  • 顔が真っ赤になる
  • 頭痛
  • めまい
  • 目が充血する

アニメや漫画で怒っている人の顔が真っ赤になる描写がありますよね!
まさにあんな感じです!

玄先生
玄先生
カ〇オ~
バッカも~ん!!
って感じね(笑)

この様なタイプは薄荷(ミント)がオススメです!

中医学で薄荷は

  • 体を冷やす
  • 肝の気を流す

まさに、ピッタリの生薬です。

↓薄荷(ミント)を含む代表【加味逍遥散】の記事です。

合わないのにいつまで飲むの?加味逍遥散の正しい効能効果 今回は婦人科の常用漢方薬24番でおなじみ 「加味逍遥散」について解説していきます。 添付文章...

喜則気緩(きそくきかん)

過度な喜びがもたらす影響

喜べば『気が緩む』という意味です。

喜びの感情は五臓の心に属します。

喜びの感情は心の緊張を和らげ、気血の流れをゆったりとさせます。

何かと気を張りすぎる現代では、心をホッコリさせるために

  • 喜び
  • 楽しい
  • 嬉しい

この様な感情がとても重要です。

黄老師
黄老師
何事も張り詰め過ぎると不具合が生じるからな!

本来、良い感情の『喜び』ですが、緩みっぱなしや急な喜びはちょっと問題!
「喜」が過ぎると

  • 不眠
  • 動機
  • 集中力の低下
  • 情緒不安定

この様な原因になります!

玄先生
玄先生
ひどいと狂乱の状態になると言われています!

毎日喜びがあるのは良い事ですが、それだけだとダメという事です。
メリハリのある生活を心がけましょうね!

悲則気消(ひそくきしょう)

過度な悲しみがもたらす影響

悲しめば『気が消える』という意味です。

悲しみに臓器は五臓の『肺』に属します。

過度な悲しみは肺の気を抑鬱し、熱を帯び、肺の気を消耗させてしまします。

悲しみが続くと

  • 息切れ
  • 疲労感
  • 皮膚病
  • 花粉症や鼻炎

この様な症状が悪化します!

黄老師
黄老師
肺は皮膚や鼻も統括しているんじゃぞ!

特にこの感情は秋に多くなるとされています。
秋は夏の疲れで体も弱りやすい時期です!

玄先生
玄先生
秋に体調が悪くなる人は悲しくなるような本や映画は避けるようにしましょうね!

恐則気下(きょうそくきか)

過度な恐れがもたらす影響

恐れると『気が下がる』という意味です。

恐れの感情は五臓の『腎』に属します。

『恐』と『驚』は似ている感情です。

  • 『驚き』は予測していないことが突然発生した時の感情
  • 『恐れ』は予測しているものに対しての感情

恐れの感情が過ぎると

  • 失禁(二便)
  • 流産
  • 脱毛
  • 手足の無力感
  • 閉経がはやまる
  • 記憶力低下

この様な症状が悪化すると言われています。

これは腎が二陰(排尿器官、生殖器官、肛門)を統括すると言われ、これらから漏れるの防いるためです。
また脳や髪の毛や骨も腎が統括しています。

黄老師
黄老師
子供が怖い話を聞いておしっこを漏らしてしまうのはまさに【恐則気下】だぞ!

驚則気乱(きょうそくきらん)

過度な驚きがもたらす影響

驚けば『気が乱れる』という意味です。

驚きの感情も五臓の『腎』に属します。
ただ驚きの感情は『心』にも影響をあたえます。

そのため驚きの感情が過ぎると

  • 気持ちが静まらない
  • 冷静な判断ができない
  • 精神不安(パニック)
  • ひどいと失神

この様に心の乱れが強く出てしまいます。

詐欺の手口などこの『驚き』を利用しています。
急に驚くような言葉を使い心を乱すのです。

もともと心や体が弱っていると急な『驚き』に耐えられなくなります。

黄老師
黄老師
日頃から心と体を調えておくのが大事じゃな!
モヤモヤした気持ちに!市販でも買える精神安定の漢方薬8選! 精神疾患により医療機関にかかっている患者数は、近年大幅に増加しており、平成26年は392万人、平成2...

思則気結(しそくきけつ)

過度な思い込みがもたらす影響

思いは『気を結する』という意味です。
思いの感情は五臓の脾(胃腸)に属します。

ここでの『思』というのは

  • 考えすぎる
  • 思い悩む

『結』というのは

  • 停滞する
  • 詰まる
  • 動きが悪くなる

実際の現場ではよくある症例です。
思いの感情が過ぎると

  • 食欲不振
  • お腹が張る
  • 軟便

この様な胃腸の障害が現れます。

黄老師
黄老師
ストレスや悩み過ぎで胃腸に不具合が出るのはこのタイプじゃな!

またこのタイプは胃腸が弱り、体の気血が足りなくなることがあります。
そうすると『心』にも悪影響がでて

  • 不眠
  • 夢が多い
  • 物忘れ
  • 動悸

この様な症状が出てきます。

玄先生
玄先生
こんな時は脾(胃腸)と心を両方を補う事のできる【帰脾湯(きひとう)】という漢方薬が有効だよ!

まとめ

今回は過度の感情がもたらす悪影響についてまとめてみました。

  • 怒り→気が上がる(顔が赤くなる、目の充血など)
  • 喜び→気が緩む(ホッコリ、集中力低下など)
  • 悲しみ→気を消す(疲労感、息切れなど)
  • 恐れ→気を下げる(失禁、手足の無力感など)
  • 驚き→気を乱す(精神不安、パニックなど)
  • 思い→気を結する(食欲不振、お腹の張りなど)
黄老師
黄老師
心・肝・脾の三臓は感情によるダメージが大きいとされているんじゃ!
玄先生
玄先生
特に『心』は精神の柱です!
適度な喜びは大事ですよ!
黄老師
黄老師
なにかと負の感情が出やすい世の中じゃが『楽しい』『嬉しい』などの喜びの感情を大事にしていきたいもんじゃな!
【美文字DE健康プロジェクト】美しい字で中医学、漢方を学ぼう①①中医学の治療の特徴的な言葉 同病異治(どうびょういち) 異病同治(いびょうどうち) ②予防、早期治療の言葉 未病先防(みびょうせんぼう) 既病防変(きびょうぼうへん) ③気血の関係性の言葉 気為血之帥(気は血の帥) 血為気之母(血は気の母) 美文字で学んでいきます!...
ABOUT ME
漢方薬剤師 玄
漢方薬剤師 玄
✅資格:国際中医師 | 薬剤師 | ✅漢方相談歴10年以上✅胃腸重視の診断が特徴。✅健康や中医学の情報を『楽しく面白く』発信中。 お気に入りにするとあなたの生活の質がちょっぴり向上するかも!